ネイルの勉強を始めるまで

ネイルスクール選び

2016/06/13

ネイルスクール選びの大切なポイントがあります。

  1. 貴女自身の目標を立てて下さい。
  2. なるべく多くのスクールを見学しましょう。
  3. 目標に合ったスクールを見極めましょう。

3つのポイントを押さえればスクール選びの成功の確率はグーッと上がります。

スポンサーリンク

記事下2個

1.目標を立てる意味

貴女はなぜネイリストになりたいのですか?

  • プロのネイリストになり、生計を立ててゆきたい
  • 好きなネイルの世界をもっと知りたい
  • ネイル検定1級取得、ジェルネイル検定上級取得したい
  • 大手ネイルサロンに就職したい
  • 独立開業したい、自宅サロンを開きたい

ネイルを勉強目的も人それぞれです。目的にあったスクールを選ぶことが成功の第一歩なのです。

趣味のレベルで好きなネイルの世界をもっと知りたいなら、敢えてスクールに通う必要は無いかもしれません。通うとしても現役ネイリストが主催する今はやりのデザイン、技術などを教えてくれるスクールを選ぶとよいでしょう。

もしプロのネイリストとして大手サロンで働きたい、または独立開業したいならば、ネイリスト技能検定試験(JNEC主催)の2級以上の資格が必要です。

また現在のネイルサロンでの中心メニューとなっているジェルネイルに関しても、JNAジェルネイル技能検定試験の中級以上の資格を有していないと、サロンの求める応募資格を満たすことができません。

2.なるべく多くのスクールを見学して下さい。

目標が定まったなら、まずはスクールへ資料請求しましょう。資料請求の段階で、それぞれのスクールの姿勢、特徴が分かる場合も多いです。

すぐに折り返し電話での勧誘があるスクール、速達で資料を送ってきてくれるスクール、メールでスクール見学の日程をお勧めしてくるスクール、入学してスクールに通い始めたころやっと資料を送ってくるスクール(笑)などなど。

ただ現実的には地理的に通える場所に無いとスクール選びは限られてきます。もちろん通信講座というものもありますが、通える範囲にスクールがあるのでしたら通学されることをお勧めします。

最低でも2つは実際に学校まで行って体験、見学をして下さい。これから半年、1年、3年ほど通うことになる場所です。雨の日も、雪の日も通うことができる場所なのか、実際に足を運んでみましょう。

ネイルスクールは資格取得スクールですので、体験授業というものを用意していない場合が多いです。しかし実際の授業を見学することは可能な場合が多いです。授業の雰囲気、先生、生徒の雰囲気、教室、設備の充実を体感することはとても有意義です。

3.自分にあったスクールを見極めて下さい。

貴女の目標達成に合致したコースの設置があるスクールを見極めることはもちろん、貴女のライフスタイルにあったスクールを見極めることも大切です。

貴女は学生ですか?社会人ですか?主婦ですか?
それぞれのライフスタイルがあるはずです。
また経済的にどの程度の資金をネイルの勉強に費やせるかも、大切なポイントです。

スクールによっては担任制でクラス単位の学習スタイルを採用しているコースもあります。決まった曜日の決まった時間に通学するのが、貴女にとって都合が良いですか?

フリースクールタイプを採用しているコースもあります。
この場合はネットなどで授業を予約することで、好きな時間に好きなだけ授業を受けることができ、貴女のやる気次第ではあっと言う間にカリキュラムをこなすこともできてしまいます。

ネイルを勉強するには授業料のほかに、自習する為にさまざまな備品を各自購入する必要があります。
授業中の実習の際に、スクールの備品(ポリッシュ、ジェルなど)を使用して学習するタイプと、全て各自が購入用意した備品を使用するタイプとがあります。
これは授業料の他に備品の購入費用が掛るという問題だけではなく、通学の際の荷物の多さの問題でもあります。
最低限の備品(ニッパー、ハンド、ネイルチップ、メタルプッシャーなど)を持って通学するか、全ての備品をスーツケースに入れて通学するか、それほどの差があります。
もちろんネイルという性質上、自分専用の備品で常に学習したいという方も多いと思いますので、スクールを選ぶ際にはこの点も重要視されると良いでしょう。

-ネイルの勉強を始めるまで
-, , , , , , ,